LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

丸全昭和運輸/茨城・南海浜倉庫に危険物倉庫増設

2019年12月04日/物流施設

丸全昭和運輸は12月4日、茨城県神栖市の南海浜倉庫で危険物倉庫を増設したと発表した。

<外観>

20191204maruzen - 丸全昭和運輸/茨城・南海浜倉庫に危険物倉庫増設

<内観>

20191204maruzen1 - 丸全昭和運輸/茨城・南海浜倉庫に危険物倉庫増設

敷地内に2棟で合計延床面積2000m2の倉庫を建設し、12月3日に竣工させた。

新倉庫は一部(300m2)が5~20℃の定温倉庫仕様となっている。今回の増設によって、南海浜倉庫の危険物倉庫は9棟・総延床面積7700m2に拡大した。

■危険物倉庫の概要
所在地:茨城県神栖市南浜3-227(南海浜倉庫敷地内)
敷地面積:2万8908m2(南海浜倉庫全体)
倉庫面積:1999m2(2棟合計)
温度帯管理:常温、一部定温(5~20℃)
竣工:12月3日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース