オリックス・レンテック/物流自動化で、ロボットSIerと業務提携

2020年02月18日 

オリックス・レンテックは2月18日、物流ロボットSIerの「オフィスエフエイ・コム」と、物流倉庫内の搬送業務の自動化支援を強化するため、業務提携したと発表した。

<提携イメージ図>

提携イメージ図

オフィスエフエイ・コムは、生産設備での自動化システムの設計、製造、販売をはじめ、物流におけるWMS(倉庫管理システム)の自社開発から基幹システムとの連携を手掛けるなど、国内外2000か所以上の工場の自動化を実現している。

この協業により、オリックス・レンテックは、物流ロボットなどのレンタルに留まらず、物流倉庫での搬送業務の全工程の調査・分析や、最適な搬送システム構築までを一括して提供することが可能になる。

近年、物流業界はEC市場の拡大により増えた商品の取扱量・種類を、迅速に顧客に配送することが求められる一方で、労働者不足や物流コストの上昇という課題に対して、施設内における生産性向上の必要性が高まっている。そのため、今後ますます搬送業務の省力化や商品種類、物量の変動に対して柔軟に対応できる物流システムの構築が求められている。

■概要
会社名:オフィスエフエイ・コム
所在地:栃木県小山市楢木293-21
設立:1999年10月
事業拠点:国内事業所(本社:栃木、 東京、 大阪、 広島、 福岡)7工場(栃木4、愛知、京都、大阪)、1研究所(栃木)
従業員数:276名(2019年12月末現在)

最新ニュース

物流用語集