日通/新型コロナの影響での物流制限下でBCPソリューション開始

2020年03月09日 

日通は3月9日、東アジアブロックが、 新型コロナウィルスの影響により、中国国内で様々な物流の制限が設けられている中、あらゆる輸送モードを活用した「BCP対応ソリューション」の提供を開始すると発表した。

中国国内では、新型コロナウィルス感染症の流行にともない、中国発着および中国国内の航空便の大幅な減便、省・都市間をまたぐトラックの通行制限ならびに中国内国際鉄道駅における貨物搬出入の制限等、物流に大きな支障が生じている。

日通は、顧客からの要望を踏まえ、代替となるルートの開拓や輸送モードの活用と組み合わせによるBCP対応ソリューションを提供し、顧客の事業継続を支えるとしている。

まず、「中国発日本経由欧米向け SEA&AIR サービス」は、中国発の航空便の一時運休・減便に対する BCP 対応ソリューション。上海港~東京港の海上輸送と成田空港~欧州・米州向けの航空混載を組み合わせた複合一貫輸送によるサービス。

リードタイムは、上海の自社CFSから欧州・米州の着地CFSまで9~10日。 輸送コストは、航空輸送と比べ、約30%削減となる。発着地、経由地ともに日本通運グループによる高品質な一貫輸送を提供する。

「中国欧州間鉄道と中国国内鉄道の連携サービス」は、中国発着の航空便の一時運休・減便および国内トラック輸送の制約に対するBCP対応ソリューション。中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送サービスと華東地区~西安間の国 内鉄道輸送を接続して輸送を行うサービス。

これは、江蘇省、浙江省の一部の集配地は上海、また浙江省の一部の集配地は寧波となる。上海駅および寧波駅~西安駅間は国内鉄道に接続して輸送する。リードタイムは、上海駅・寧波駅~西安駅(5日)、輸出入作業(2日)、西安駅~ド イツ・デュイスブルグ駅(16日)程度。また、鉄道輸送により、定時制を確保する。日本発着についても、海上輸送に接続して輸送可能。

「国際陸海貿易新通道(東向通道・南向通道)を活用した中国内陸部発着 SEA&RAIL サービス」は、中国国内トラック輸送の制約、車両・ドライバー不足に対するBCP対応ソリューション。内陸部の都市である重慶・成都から東向通道は寧波港間、南向通道は欽州港間の鉄道輸送と、各港から日本または東南アジア・欧州間の海上輸送を組み合わせたSEA&RAILサービス。

東向通道は重慶・成都 ~(鉄道輸送)~ 寧波港 ~(海上輸送)~ 日本 例)重慶~東京間 鉄道経由11日(内航船経由の場合は22日以上)、南向通道は、重慶・成都 ~(鉄道輸送)~ 欽州港 ~(海上輸送)~東南アジア・欧州 例)重慶~シンガポール間 鉄道経由10日(内航船経由の場合は24日以上)、中国国内トラック輸送の制約を回避することで、スケジュールの安定化を図る。季節により河川水量の変動の影響を受ける内航船を経由する場合より、リードタイムが約半分となる。

「沿岸都市間の内航船を活用したサービス」は、中国国内の航空便の減便および国内トラック輸送の制約、車両・ドライバー不足に対するBCP対応ソリューション。沿岸都市間の内航船輸送を活用した輸送サービス。

中国国内トラック輸送の制約を回避することで、スケジュールの安定化を図る。大口ロット貨物など大量輸送に対応可能。大連、天津、青島、上海、寧波、厦門、広州それぞれの都市間の内航船を活用する。

最新ニュース

物流用語集