丸全昭和運輸/ホワイト物流に賛同、輸送契約書面化など宣言

2020年03月13日 

丸全昭和運輸は3月13日、国土交通省などが提唱する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、2月に自主行動宣言を提出したと発表した。

自主行動宣言の取り組み項目は、「物流の改善提案と協力」「パレット等の活用」「船舶や鉄道へのモーダルシフト」「運送契約の書面化の推進」「荷役作業時の安全対策」「トラック輸送の安全性の向上」。

ホワイト物流推進運動とは、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とし、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化や、女性や60代以上の運転者等も働きやすい労働環境の実現に取り組む運動。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集