厚生労働省/新型コロナウイルスに関する企業向けQ&A

2020年03月17日 

厚生労働省は3月17日時点版の「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業向け)を発表している。

内容は、「風邪の症状がある方、感染が疑われる方への対応」、「感染防止に向けた柔軟な働き方(テレワーク、時差通勤)」、「雇用調整助成金の特例措置」、「労働者を休ませる場合の措置(休業手当、特別休暇など)」、「労働時間(変形労働時間制、36協定の特別条項など)」、「安全衛生」、「労災補償」、「その他」で構成している。

それぞれの内容について、質問と回答という形で説明している。特に、「労働者を休ませる場合の措置(休業手当、特別休暇など)」や「労働時間(変形労働時間制、36協定の特別条項など)」等は質問が多岐に渡っており、それぞれに回答している。

■新型コロナウイルスに関するQ&A(企業向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

なお、「雇用調整助成金の特例措置」についての説明では「景気の後退等、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、雇用調整を行わざるを得ない事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向(「休業等」)を行い、労働者の雇用を維持した場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するもの」としている。

■雇用調整助成金
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集