三井倉庫HD/岡山大学と協定、研究成果の社会活用目指す

2020年03月18日 

三井倉庫ホールディングスは3月18日、岡山大学と連携・協力に関する協定を締結した。

<協定書を手にする古賀社長(右)と槇野学長(左)>

<岡山大学病院バイオバンクの検体保管庫>

三井倉庫HDは、ライフサイエンス分野での物流サービス開発の一環として、2015年から岡山大学とバイオバンクに関する共同研究を開始。

「岡山大学病院バイオバンク(通称:岡大バイオバンク)」での検体の保管に関する研究や、企業などによる保管検体の利活用を支援する研究などに取り組み、2019年には、共同研究で蓄積されたノウハウを活用して三井倉庫HDが「iPS細胞を含む臨床研究検体等の極低温管理・保管・輸送一貫サービス」を事業化するなどの成果を挙げている。

今回、これらの成果を基盤に、ライフサイエンス分野にとどまらず、さまざまな領域に対象を広げて共同研究を促進するとともに、交流の活発化や人材育成の相互支援を通じてさらなる学術研究の振興と研究成果の社会活用を図るため、包括的な連携・協力に関する協定を締結した。

協定の期間は2021年3月31日までとし、その後は両者で異論がない場合、1年ごとに自動延長される。

最新ニュース

物流用語集