DHL/ロシュ日本法人から医療機器の物流業務受託

2020年03月24日 

DHLサプライチェーンは3月24日、世界的ヘルスケア企業であるロシュグループのロシュDCジャパンから、血糖自己測定機器等に関連した一部の製造業務、ロジスティクス業務、国内代理店や顧客への配送業務の管理を受託したと発表した。

<青海ロジスティクスセンターでのオープニングセレモニー>

DHLサプライチェーンは、東京都江東区の青海ロジスティクスセンターで、温度管理に対応した環境下で海外からの輸入製品の荷受け、医療機器等のラベリング、包装サービス、国内市場に対する出荷判定管理等を行う。

ロシュDCジャパンのブライアン・コー社長は「日本の高齢化に伴い、今後血糖自己測定機器の需要増加が見込まれる中、製品をいかに配送していくかが今後の課題となる。DHLのグローバルな知見と体外診断用医薬品や医療機器を扱うために必要な業許可を日本で取得しているというローカルな体制は、国内の医療関係者や増加する糖尿病患者に一貫して信頼できる、効率的な医療品質を届ける上で理想的なパートナーだ」とコメント。

DHLサプライチェーンのヨンファ(アルフレッド)・ゴー社長は「DHLは、医薬品・医療機器の取り扱いで世界的に非常に高い品質管理基準を設けている。日本でも医療機器の出荷について厳しい法規制への対応が求められる中、高い品質管理体制を構築し、ライフサイエンスのグローバルなネットワークを活用することで、2024年には43億ドル以上の規模へと成長が見込まれる国内の体外診断用医薬品市場の需要への対応を支援していく」と述べた。

なお、青海ロジスティクスセンターでは、体外診断用医薬品について今後の高い成長率が見込まれることから、DHL独自の手法であるオペレーションマネージメントシステム(OMS)を活用し、継続的な業務の改善を図る方針。

この手法は、品質管理プロセス、温度管理、最終的なパッケージング、配送などオペレーションの全ての側面を網羅した活動サイクルで、これによって医薬・医療機器関連法令への適合性を保証しながら、将来的な物量増加にも対応できるようになる。

最新ニュース

物流用語集