商船三井/新型コロナで市況低迷、77億円の特損計上

2020年03月24日 

商船三井は3月24日、2020年3月期に特別損失を計上すると発表した。

連結子会社のMOL Bridge Finance S.A.社による、持分法適用関連会社でバルカー船の保有・運航を営むGearbulk Holding AGに対する貸付金について、新型コロナウイルスの影響等によって市況低迷が想定以上に継続し、業績回復が大幅に遅れることが見込まれ、回収が一部困難となる可能性があるため、7100万USドル(77億円)の貸倒引当金繰入額を特別損失に計上する予定。

最新ニュース

物流用語集