外務省/タイ-カンボジア間の物流円滑化に294億円資金協力

2020年03月24日 

外務省は3月24日、カンボジアの首都プノンペンで、同国と南部経済回廊の輸送能力強化に向けた有償資金協力に関する交換公文の署名を行ったと発表した。

有償資金協力の内容は、「国道五号線改修計画(スレアマアム-バッタンバン間及びシソポン-ポイペト間)(第二期)」と「国道五号線改修計画(プレッククダム-スレアマアム間)(第三期)」の2件で、有償資金協力の供与限度額は合計294億1700万円。

両案件では、首都プノンペンとタイ国境を結ぶ国道5号線のスレアマアム-バッタンバン間、シソポン-ポイペト間と、プレッククダム-スレアマアム間で、既存道路の改修・拡幅とバイパス整備などを行う。

これにより、事業完成2年後の2024年に、スレアマアム-バッタンバン間の所要時間が145分(2019年実績185分)に、シソポン-ポイペト間の所要時間が50分(63分)に、プレッククダム-スレアマアム間の所要時間が124分(170分)に短縮され、同国道の輸送能力の増強、タイ-カンボジア間の物流の円滑化が図られる。

最新ニュース

物流用語集