Hacobu/「物流は止まっていない」、バース予約の稼働状況公表

2020年04月01日 

Hacobu(ハコブ)は4月1日、トラック予約受付サービス「MOVO Berth」を利用している物流センターの予約稼働状況を公開した。

<公開された予約稼働状況のデータ>

データの公開は、SNSで新型コロナウイルスの影響で「食料品、日用品が手に入らなくなる」「物流がストップする」といったデマが出回っていることを受けて、物流に対する正しい情報を提供することを目的としたもの。

大手食品スーパーや食品卸、日雑品メーカー、飲料メーカー、ECショップなど約200の物流センターで取得したデータを元に、週別と日別でトラックバース予約システムの稼働状況をグラフ化している。

それによると、週別の予約稼働数を現したグラフは3月末にかけて緩やかに上昇。また、3月末の予約稼働数を日別で表したグラフでは、都の週末外出自粛要請後も稼働数が低下することはなく、食料品の買い占め発生後には商品の安定供給に向けて稼働数が1.7倍に増加しており、物流が全くストップしていない状況が改めて確認できる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集