大和物流/物流施設を滋賀県竜王町で竣工、湖南市では建替決定

2020年04月01日 

大和物流は4月1日、滋賀県蒲生郡竜王町で「滋賀竜王物流センター」を3月31日に竣工。あわせて、同県湖南市で稼働中の「滋賀物流センター」の建て替えを決定したと発表した。

<滋賀竜王物流センター外観>

<庫内>

<周辺図>

竣工した滋賀竜王物流センターは、敷地面積1万4000m2、地上3階建て(倉庫2層)延床面積1万6000m2。名神高速道路「竜王IC」から500mと至近で、北陸圏、中京圏、近畿圏へのアクセスに優れた場所に立地している。

同施設では、交通面での利便性を生かして京滋エリアのメーカー企業・サプライヤー企業向けに、部材の調達物流や完成品の共同配送などを提供するほか、倉庫・事務所の一部7400m2を物流会社のロジコムへ賃貸する。

施設は、トラックバース直結の貨物用エレベーターや広い荷捌きスペースなど、荷役業務の安定化・効率化を図った積替拠点としての運用に適した仕様。2階倉庫部分は柱スパンを最大20mとし、保管能力を高めている。

<滋賀物流センター建替えのイメージ図>

一方、滋賀物流センターについては、今後の物流需要の増加を見込み、建替工事によって既存棟を現状の3000m2から5倍の1万5000m2に拡張する。7月に着工し、2021年7月の稼働を予定している。

大和物流では、高速道路網の整備が進む近畿内陸部での大型物流施設の需要拡大を受けて、京滋エリアの事業基盤を強化するため、京都物流センター(2020年7月竣工予定)の建て替えなど、同エリアでの物流施設開発を積極化している。

■滋賀竜王物流センターの概要
所在地:滋賀県蒲生郡竜王町大字小口字廣谷1303
敷地面積:1万4221.08m2
延床面積:1万5925.81m2
構造・規模:鉄骨造3階建て(倉庫2層)、低床式ホーム構造
床荷重:1階2トン/m2、2階1.5トン/m2
搬送設備:貨物用エレベーター3基
アクセス:名神高速道路「竜王IC」500m
JR琵琶湖線「篠原駅」6.2km
竣工:2020年3月31日
稼働:2020年4月1日

■滋賀物流センター建替工事の概要
建設地:滋賀県湖南市朝国261-1(滋賀物流センター)
延床面積(建替後):1万5285m2
アクセス:名神高速道路「竜王IC」10km
JR草津状線「三雲駅」1.1km
着工(予定):2020年7月
竣工(予定):2021年7月

最新ニュース

物流用語集