三菱商事都市開発/埼玉県鶴ヶ島市で2.2万m2物流施設竣工

2020年06月01日 

三菱商事都市開発は6月1日、埼玉県鶴ヶ島市で物流施設「MCUD鶴ヶ島」を5月末日に竣工したと発表した。

<外観>

<周辺図>

「MCUD鶴ヶ島」は、鶴ヶ島市・川越市・坂戸市3市に跨る富士見工業団地内に位置。地上3階建て延床面積2万2000m2の施設で、東京ロジファクトリーの入居が決定している。

圏央道・関越道が交差する「鶴ヶ島JCT」の利便性を生かした首都圏及び北関東広域への配送に便利な立地で、また、東武東上線「若葉駅」まで 徒歩圏内であることから、雇用確保の観点からも優位性を備えている。

建屋は先進的物流施設としての汎用性の高い仕様を備え、奥行き12mの大庇を設置することで、雨天時の貨物の積み下ろしにも対応可能になっている。

■MCUD鶴ヶ島の概要
所在地:埼玉県鶴ヶ島市富士見6-1-23
交通:関越道「鶴ヶ島IC」3.2km
圏央道「坂戸IC」5.2km
東武東上線「若葉駅」1.1km
敷地面積:1万2159.0m2
延床面積:2万2424.4m2
構造・規模:鉄骨造 地上3階
入居テナント:東京ロジファクトリー

最新ニュース

物流用語集