山九/タイ最大の工業団地隣接地に物流センターを新設

2020年06月01日 

山九は6月1日、タイ現地法人の山九タイが「山九アマタナコンフレイトセンター」を開設したと発表した。

<山九アマタナコンフレイトセンター外観>
山九アマタナコンフレイトセンター外観

このセンターはタイ東南部にあり、日系企業が多く進出するタイ最大の工業団地、アマタシティチョンブリ工業団地に隣接する新規倉庫で、敷地面積4万6400m2、倉庫面積9939m2を有している。

バンコク港へは車で約1時間、レムチャバン港やスワンナプーム国際空港には車で1時間以内と最適なアクセスを誇る。今後は同センターに隣接する既存倉庫(2013年開設、倉庫面積9875m2)と一体運営を行い、より効率的で高品質な物流サービスの提供が可能となった。

主要取扱貨物は空調製品及び部品、自動車部品、化成品等を対象とした一般貨物を予定。22℃ ~28℃で保管管理が可能な定温スペース(1,071㎡)も設け、温度管理が必要な食品や高機能部材等、多様な顧客のニーズに対応可能だ。

■物流センター概要
名称:山九アマタナコンフレイトセンター
住所:89 Moo1, Tambol Panthong, Amphur Panthong, Chonburi, Thailand
開設日:2020年6月1日
倉庫仕様
敷地面積:4万6400m2
倉庫面積:9939m2 平屋・鉄骨作り
(定温スペース1,071 ㎡、事務所棟360 ㎡) 取扱品目:空調機器及び部品、自動車部品等

最新ニュース

物流用語集