ヤマト運輸/IoTで独居高齢者の安否確認、東京都多摩市で開始

2020年06月01日 

ヤマト運輸とハローライトは6月1日、東京都多摩市にあるヤマト運輸ネコサポステーションで、LEDとSIMが一体化している世界初のIoT電球「HelloLight」による独居高齢者向け見守りサービスの実証実験を6月22日から開始すると発表した。

<見守り実証実験のイメージ>

実験では、ハローライトが開発した外部との通信が可能なIoT電球「HelloLight」を活用。ネコサポ会員の宅内に設置した電球のスイッチに一定時間動きが無い場合、電球が自律的にネコサポ会員の指定した親族や知人、ネコサポステーションに異常検知のメールを発信する。

メールを受信した親族や知人がネコサポ会員に確認を取り、連絡が取れない場合は、ネコサポステーションへ連絡し、ネコサポ会員に自宅訪問を指示。ステーションスタッフが訪問の上安否確認し、応答がない場合や異常がある場合は、高齢者向けの相談窓口である地域包括支援センターや、必要に応じて警察などに連絡を行う。

「ネコサポ」は、ヤマトグループの経営資源を活用し、地域住民のより快適な暮らしをサポートするサービス。団地内や近隣の商業施設内に設置したコミュニティ拠点「ネコサポステーション」で地域情報の発信や交流イベントを行い、地域コミュニティの活性化を図るとともに、自治体、地域事業者と協力して地域住民の生活をサポートする家事・買い物代行などの生活関連サービスを提供している。

最新ニュース

物流用語集