モノフル/紙業界で「トラック簿」利用拡大へ、代理店契約

2020年06月22日 

モノフルは6月22日、トラック受付・予約システム「トラック簿」で、日本紙パルプ商事傘下のシステムベンダーであるJP情報センターと、代理店契約を締結したと発表した。

JP情報センターは、主に紙物流会社や紙卸商向け、紙代理店向けに基幹業務ソフトウェアを開発・販売している。

今回、紙業界での知見と販路を持つ同社との代理店契約により、業界の特性に対する詳細な理解の必要性や、システム連携の複雑さといった課題を解消し、紙業界での「トラック簿」普及を目指す。

<「トラック簿」を活用したトラック呼び出し>

なお、JP情報センターを通しては、すでに鶴見製紙が「トラック簿」を導入し、トラック待機時間の削減や受付業務の効率化を実現している。

モノフルとJP情報センターは、今後、相互の知見を共有し、販売以外にもパートナーとして両社のシステムの連携や新機能の開発に取り組む方針。

モノフルは、紙業界以外にも、物流業界や様々な業界で知見・販路を持つ代理店・パートナーを募集している。

■代理店・パートナーに関するモノフルへの問い合わせ
https://monoful.co.jp/contact/

最新ニュース

物流用語集