関通/自社開発のWMSで使用するスキャナーをリニューアル

2020年06月24日 

関通は6月24日、自社で開発・販売をおこなっているWMS(倉庫管理システム)「クラウドトーマス」で使用するスキャナー2モデルをリニューアルしたと発表した。

<リニューアルしたスキャナー2モデル>
リニューアルしたスキャナー2モデル

以前のスキャナーと比べ、バッテリーの容量増、バーコードの読取速度が向上されるなど、更に使いやすさが改善された。また、自社で利用はもちろん、クラウドトーマスを利用する企業の業務効率化に貢献していくとしている。

TS-100は1次元/2次元シンボルの方向を気にせず360°全方向からの読み取りが可能になった。また、指への装着だけでなく、アタッチメントを使うことで様々な形での使用が可能だ。耐久性は非常に高い。

TS-10はしっかりと握れるフィットサイズと大型のスキャンボタンで、手袋装着時でも確実な読み取り作業が行え、落下防止のストラップが付けられる。耐久性は高い。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集