アルフレッサ、ヤマトロジ/調剤薬局向けサービスで相互協力

2020年06月26日 

アルフレッサとヤマトロジスティクスは6月26日、遠隔処方領域での調剤薬局向けサービス開発の共同研究や営業支援等について相互協力することに合意したと発表した。

アルフレッサと、ヤマトグループにおいて法人顧客への物流ソリューションを担うヤマトロジスティクスは、両社が持つ経営リソースやノウハウを融合・活用した新しい医薬品流通ネットワークの早期確立の実現により、病院や調剤薬局、患者および地域の人々に貢献していくことで基本合意したもの。

遠隔処方とは、情報通信機器等の活用によって、薬局に行かずに医薬品を処方し、自宅で受け取ることと定義。また、遠隔処方領域とは、遠隔処方における調剤薬局から患者個人までの事業領域を「遠隔処方領域」として定義している。

基本合意の内容は、まず、ヤマトグループは調剤薬局から患者への処方薬の配送に関する、資材調達から配達、各種決済までをトータルにサポートするソリューションを提供。アルフレッサは自らの医薬品流通ネットワークの活用により、調剤薬局を対象としてこのソリューションを紹介する。

また、遠隔処方領域におけるソリューションの更なる価値向上を目指して、両社の経営リソースおよびノウハウを活用し、調剤薬局内のオペレーションの改善や品質維持、利便性向上を目的とした宅配用専用資材などの共同研究を実施。

さらに、遠隔処方領域における市場変化を見据えて、新たなビジネスモデルの構築についての共同研究を実施する、としている。

その他、ヤマト運輸のホームページ内に調剤薬局向け専用サイトを本日(6月26日)開設した。サイト内では、遠隔処方に関連するヤマトグループが提供する各種物流サービス(配送サービス・決済サービス)や梱包資材、業務サポートシステムの紹介など、調剤薬局での物流に関わる役立つ情報を掲載。また、専用フォームからの問い合わせも受け付けている。

<調剤薬局向け専用サイト>
調剤薬局向け専用サイト
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/business/pharmacy

なお、これまでアルフレッサとヤマト運輸は、2019年1月に「医薬品流通研究会」を共同設立し、この研究会を母体として、今後の医療提供体制への対応や労働力不足等の社会課題への対応について検討してきた。そして、2019年9月には「調剤薬局向け在宅医療支援サービス」を共同開発し、その後も病院や調剤薬局、患者および地域の人々に貢献できるサービスの検討を続けてきた。

最新ニュース

物流用語集