名村造船所/8.5トン型ばら積み船「CAMELLIA ISLAND」引渡

2020年06月29日 

名村造船所は6月29日、佐賀県の伊万里事業所で建造していたAMBITIOUS LINE,S.A.向け8万5000トン型ばら積み運搬船「CAMELLIA ISLAND」を引渡した。

<CAMELLIA ISLAND>

CAMELLIA ISLANDは、石炭、鉄鉱石、穀物などを運搬するポストパナマックス型ばら積み運搬船。ばら積貨物船のための共通構造規則(CSR-B)を適用し、パナマックス型に比較し浅い喫水でより大きな載貨重量を確保できる汎用型(7ホールド)の中型幅広浅喫水船型となっている。

独自開発の「Namura flow Control Fin (NCF)」「フィン付き舵(Rudder-Fin)」を装備し、推進性能を向上させるとともに、最新型の高効率プロペラを採用し、燃料消費量を低減。

バラスト水処理装置やSOx(硫黄酸化物)スクラバーを搭載、海洋汚染防止条約(MARPOL条約)によるNOx排出規制(Tier2)に適合した主機関と主発電機関を採用するなど、各種環境規制に対応している。

■主要目
全長:229m
幅:38.00m
夏季満載喫水:13.49m
総トン数:47,109総トン
載貨重量:84,854重量トン
主機関:J-ENG 6UEC60LSE-Eco-A2×1基
定員:24名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:パナマ

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集