郵船ロジ/子会社合併で国内航空貨物事業を強化

2020年06月29日 

郵船ロジスティクスは6月29日、完全子会社の郵船ロジテックを10月1日付で合併すると発表した。

郵船ロジテックは、成田ロジスティクスセンターなどの郵船ロジスティクスの国内拠点で、主に航空貨物輸送に関する梱包や倉庫保管、輸配送手配を行うなど、国内輸送に関する業務を全面的に担っている。

同社のターミナル業務、輸配送業務を郵船ロジスティクスの航空貨物部傘下に移管し、航空貨物部が担う国際輸送とロジテック社の国内輸送業務を一元管理することで、グループ経営の合理化を図り迅速な意思決定を実現する。

なお、一部倉庫業は中日本営業本部傘下とし、国際輸送とのシナジーを追求する。

最新ニュース

物流用語集