Hacobu/7月9日開催、冷凍・冷蔵倉庫の伝票突合作業を効率化

2020年07月02日 

Hacobuは7月9日、冷凍・冷蔵倉庫業界に特化したオンラインセミナーの第2弾「先回りで伝票突合!ドライバーファイル添付機能紹介セミナー」を開催する。

今回は、6月に開催した冷凍・冷蔵倉庫向けセミナーで特に反響の大きかった「伝票突合作業の効率化」について詳しく紹介する。

冷凍・冷蔵倉庫では扱うSKU数が多いため、ドライバーが持ってくる伝票と受発注伝票との突合作業は入出荷受付事務で一番時間がかかる業務となっている。

Hacobuが提供する「MOVO Berth」の伝票添付機能では、ドライバーが持ってくる伝票の情報を事前に入手することができ、伝票突合作業を効率化することが可能だ。セミナーでは、この伝票添付機能について、画面デモや活用事例を交えて詳しく説明する。

なお、セミナーは当日のライブ配信以外にも、参加登録すればセミナー終了後に動画を視聴できる。

■セミナー概要
日時:7月9日(木)14:00~14:45
場所:オンライン ※Zoomウェビナーを使用
料金:無料
対象:物流センター運営に携わる方(現場、 企画部門など問いません)

■講師
Hacobuコマーシャル営業本部
長谷川 幸佑
大学卒業後システム・インテグレーション会社へ就職、法人営業としてERPやWMSの提供に携わる中で物流の奥深さに魅力を感じ、業界全体の課題解決へ取り組む。
Hacobuへ参画。これまで複数の小売系、医薬系を含む冷凍・冷蔵倉庫へシステム導入提案~安定稼働のサポートに従事。

Hacobu執行役員CSO
佐藤 健次
アクセンチュアにおいて、サプライチェーングループのコンサルタントとして、数多くの改革プロジェクトをリード。
その後、ウォルマートジャパン/西友にて、eCommerce SCM、補充事業、物流・輸送事業、BPR(全社構造 改革)の責任者を歴任。
ウォルマートジャパン/西友の物流責任者として、各国のリーダーおよびパートナーと物流革新を推進。

■申し込みはこちら
https://bit.ly/3gbG0pH

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集