JA三井リース/スマートロッカーのSPACERへ出資

2020年07月06日 

JA三井リースは7月6日、スマートコインロッカー事業を展開するSPACER に出資したと発表した。

<スマートコインロッカーの概要>

SPACERは、予約、キャッシュレス決済、鍵の受け渡しなど、全てのサービスがスマートフォンで完結する次世代型コインロッカーを開発・製造・販売・運営しているスタートアップ企業。

従来型の荷物一時預かりロッカーとしてのほか、ECや買い物代行などで購入した商品の受け取りにも活用可能で、物流業界の人手不足やラストワンマイル問題の解決に寄与できることなどから、出資を決定した。

今後は、資金面の協力に加え、全国の顧客網を活用し、公共交通機関、商業施設、物流施設等のヒトとモノが行き交う場所にスマートコインロッカーを配置する等の営業協力を行い、SPACERの事業拡大に寄与するとしている。

■SPACERの会社概要
所在地:東京都港区赤坂4-7-6
設立年月:2014年1月
資本金:9755万円(2020年5月末時点)
https://spacer.co.jp/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集