OKI、安田倉庫/医療機器サポート事業分野で業務提携

2020年07月21日 

安田倉庫とOKIグループの工事・保守事業会社OKIクロステックは7月21日、 医療機器サポート事業分野において業務提携したと発表した。

<安田倉庫東京メディカルロジスティクスセンター>
安田倉庫東京メディカルロジスティクスセンター

提携による新事業第一弾として両社は、8月1日より本格運用を開始する東京都江東区にある「安田倉庫東京メディカルロジスティクスセンター」(東雲営業所:延床面積約2万2000m2 、(仮称)辰巳営業所:同約1万7000m2)を核として、倉庫・物流機能に加えて医療機器の検査・点検・検品・薬事ラベル添付業務、洗浄・廃棄、 修理、コールセンター業務、オンライン遠隔監視サービス、AI予兆診断による故障予測適時保守などを行う「医療機器総合ワンストップサービス」の提供を開始する。

医療機器の点検の代行や迅速な修理対応により、医療機器メーカー・医療機器販社様の経営効率を高めるとともに、多忙な医療従事者の業務負荷を軽減し、 災害やパンデミックなどの緊急時にも医療業務に集中できる環境整備を支援していくとしている。

<医療機器総合ワンストップサービス>
医療機器総合ワンストップサービス

スタートする「医療機器総合ワンストップサービス」は、安田倉庫が物流事業者として初めて医療機器修理業許可(修理区分特管第1区分から特管第8区分まで)を取得したことにより実現した倉庫内での医療機器修理を含む、高度なサポートサービス。

OKIクロステックは、メディカルロジスティクスセンター内で行われる医療機器修理の安全性・品質管理と、医療施設での点検代行や修理業務、コールセンター業務を担う。従来別々に行っていた業務をメディカルロジスティクスセンター内に一本化することにより、物流会社・保守会社に分かれていた契約・品質管理の一本化にとどまらず、医療機器全体の一元管理による在庫回転率・装置稼働率の向上、業務効率向上、輸送効率化によるCO2削減などを実現し、医療事業者の経営効率を高めることが可能になる。

最新ニュース

物流用語集