丸運/無事故無災害ウィークリー駅伝、物流センターにゴール

2020年07月28日 

丸運は7月28日、2019年4月1日から「丸運グループ無事故無災害ウィークリー駅伝」に取り組んでいたが、7月26日に川崎ベイ物流センターを最後にゴールしたと発表した。

<丸運グループ無事故無災害ウィークリー駅伝ゴールの様子>
丸運グループ無事故無災害ウィークリー駅伝ゴールの様子

この活動は、丸運グループ全体で一体となって取り組む全員参加型の安全活動であり、日常的な安全マインドの高揚を図ることを目的として取り組んできたものだ。

活動は、指定された拠点を区間走者として、毎週月曜日から日曜日までの7日間、無事故・無災害に取り組み、完走を達成したら、次の拠点に区間走者を引き継ぎ、全国の丸運グループ拠点で年間の無事故・無災害ウィークリー駅伝のゴールを目指したもの。

スタートは、2019年4月1日に羽田京浜物流センターを第1区間走者として、グループ会社を含めた86拠点を反時計回りで日本一周するルートだったが、今年1月に事故が1件発生したため、残念ながら一週間延長する形でのゴールとなった。

グループとして、駅伝方式の安全活動は初めての取組だったが、各拠点の安全に対する意識向上にも繋がり、実効性のある活動となった。10月の安全月間では、新たな要素を加えて再実施の予定という。

最新ニュース

物流用語集