ANA Cargo、CBcloud/空陸一貫輸送サービスを全国33空港に

2020年08月17日 

ANA CargoとCBcloudは8月17日、共同で展開するCBcloudの「PickGo」での空陸一貫輸送サービスの対象空港を、8月17日より離島など一部を除くANA国内線ネットワークの33空港に拡大したと発表した。

<イメージ図>
20200817anacargo 520x456 - ANA Cargo、CBcloud/空陸一貫輸送サービスを全国33空港に

このサービスは、CBcloudのドライバーと荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」の一機能として、2019年9月にANA CargoとCBcloudの2社共同で開始した法人向けのサービス。

これまで新千歳、成田、羽田、中部、伊丹、関西、福岡、那覇の主要8空港を発着点として展開してきた。そしてこのほど、PickGoの軽貨物ドライバー数が7月末時点で2万人、一般貨物車両も1万台を越え、全国で様々な配送需要に対し安定して供給できる見込みであることを受け、対象空港の拡大を決定したもの。

空路と陸路を組み合わせた配送は従来、1.発送元から空港 2.航空便 3.空港から発送先、と顧客自身が各輸送会社に手配していたが、このサービスを利用することで、1~3を一気通貫で手配可能になることに加え、所要時間や金額の見積もりもサービスサイト上で即時に確認できる。

また、PickGoドライバーが出発空港まで運び、到着空港で荷物を直接ピックアップすることで配送時間の大幅な短縮を実現。早朝に依頼すれば、地方から都心、地方から地方など、空路を活用した長距離輸送であっても、その日のうちに配送を完了することが可能。急な在庫の欠品や工場ラインへの補修部品輸送、産地直送の生鮮品の即日輸送など、従来「間に合わない」と諦めていた配送に対応することで、顧客に新たな利便性と可能性を提供する。

■サービス概要
サービス開始日:2019年9月12日 ※那覇空港は2020年5月20日に開始
既存の対象空港:新千歳、成田、羽田、中部、伊丹、関西、福岡、那覇
新規対象空港:旭川、秋田、庄内、仙台、新潟、福島、静岡、富山、小松、鳥取、岡山、米子、広島、(2020年8月17日) 岩国、高松、高知、松山、山口宇部、北九州、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島
料金体系:空路はANA国内貨物運賃、陸路はPickGo料金を適用し、合算して算出
サービスURL:https://pickgo.town/business
各社の役割
ANA Cargo
 航空輸送に必要な情報提供、航空機搭載へのハンドリングおよび航空輸送
CBcloud
 PickGoとANA Cargoシステムとの連携
 発送元から空港、空港から発送先までの軽貨物ドライバーの手配と運行管理

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集