アマガサ/6月以降物流センターから出荷を拒否され、損害賠償請求

2020年09月04日 

婦人ノンレザーシューズの卸、小売のアマガサは9月3日、クルーズ及び同社連結子会社2社に対して、損害賠償請求の訴えを東京地方裁判所に提起したと発表した。

アマガサは、クルーズ、同社連結子会社である CROOZ EC Partners(CEP)、及び CROOZ SHOPLIST(SHOPLIST」に対して、CEP社がアマガサの委託に基づき相模原 SHOPLIST 物流センターにおいて保管・管理しているアマガサの商品について、6月下旬以降出荷を拒否する等したことにより、春夏物商品の販売ができなかったことによる損害賠償金としてクルーズグループに対して、連帯して約9400万円の支払いを求める損害賠償請求訴訟を、東京地方裁判所に提訴したもの。

この訴訟に先立ちアマガサは、相模原 SHOPLIST 物流センターにおいて出荷を拒否されていた同社商品5万足超の即時引渡しを求め、8月4日に東京地方裁判所に動産引渡仮処分命令の申立を行った。

その後、裁判所において和解が成立し、同物流センターで拘束されていた5万足超について8月26日までに全品引渡しを受けた。しかし、春夏物については、出荷時期を逸してしまったため、その逸失利益についての損害賠償を求めるもの、としている。

今後の見通しについて、3日現在、アマガサが店頭等にて取り扱っている商品については、静岡県内の配送施設が円滑に稼働しており同社顧客への影響はない。株主優待商品については逐次静岡県内の倉庫に入庫しているとしている。

最新ニュース

物流用語集