住友倉庫/環境債100億円発行、環境型倉庫の建設資金調達

2020年09月17日 

住友倉庫は9月17日、国内市場で公募形式のグリーンボンドを発行すると発表した。

10月にも、発行年限5年50億円と10年50億円で計100億円の債権を発行する。

住友倉庫は、犬山アーカイブズ(CASBEEあいちAランク取得済)、羽生アーカイブズ第2センター第三期倉庫(CASBEE埼玉県Aランク取得予定)、(仮称)ポートアイランドL-6新倉庫(CASBEE神戸Aランク取得予定)と、環境に配慮した倉庫の建設を進めており、グリーンボンドで調達した資金はこれらの建設に充当する。

住友倉庫がグリーンボンドを発行するのは、2019年に続いて二度目。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集