日本ハネウェル/高堅牢・ワイヤレスバーコードリーダ新発売

2020年10月08日 

日本ハネウェルは10月8日、製造・物流現場等の過酷な環境に対応した高堅牢・ハイパフォーマンス・ワイヤレスバーコードリーダ「 Granit XP 1991i SR/XR」 の発売を開始すると発表した。

<GRANIT XP 1991i SR/XR>
GRANIT XP 1991i SR/XR

フォークリフトが行き交うトラックバースをはじめとした物流の現場では、落下・衝撃・防水などで作業が止まること無く、高堅牢のデバイスで、安心して作業を行う事が業務の効率化に繋がる。また、商品は、手元にある場合から数メートル先の棚にある事もあり、それらのバーコード読取りを如何に迅速に行うかが重要になるため、ハネウェルでは業界最高レベルの堅牢性を持ち、かつ近距離・遠距離を自動で認識・読取りを行うバーコードリーダ
「GRANIT XP 1991i XR」 を開発。

GRANIT XP 1991i SR/XR は業界最高レベルの 3mの落下・1mから 7000回の転倒に耐えるだけでなく、読取り窓をリーダの先端から少し距離がある奥にデザインする事で、最も重要な読取り部の故障がなくなるように、見えない部分でも堅牢性に工夫をした製品になっている。

また、「GRANIT XP 1991i XR」は、ハネウェルが世界に誇る独自技術 Flex Range により、手元から10m先までのバーコードを瞬時に識別し読取りを行う事が出来る。それも近距離と遠距離に対応する別々の超小型カメラ部を搭載する事により、ズーム可動部を必要としない為、その点でも高い堅牢性に寄与している。

■製品仕様 (標準SRモデル)
機械的/電気的仕様
外形寸法(長さx幅x高さ):192mm x 76mm x 100mm
重量:320 g
入力電圧:4.0V DC –5.5V DC
動作電源:2.35W (470mA @5V DC)
ホストシステムインターフェース:USB、キーボードウェッジ、RS-232 TTL
表示:デコード成功LED、ビープ音(トーンと音量調節可)、バイブレーション
環境仕様
動作温度:-30℃~50℃
保管温度:-40℃~70℃
湿度:0%~95% 結露なきこと
耐静電気:±8 kV 接触放電、±20 kV 空中放電
転倒衝撃:1mの高さから7000回
落下衝撃:2.0m:コンクリート面に50回(-30~50℃)
     2.4m:コンクリート面に20回(25℃/湿度55%)
     3.0m:MIL-STD-810G規格(温度25℃/湿度55%)
防水防塵:IP65及びIP67規格準拠
読取性能
スキャンパターン:エリアイメージャー(1280 x800 ピクセルアレイ)
移動読取:最大4500mm/s (177 in/s)
スキャンアングル:水平:40°;垂直:30°

最新ニュース

物流用語集