エーアイテイー/3~8月の売上高3.9%減、営業利益19.2%増

2020年10月12日 

エーアイテイが10月12日に発表した2021年2月期第2四半期決算によると、売上高215億8100万円(前年同期比3.9%減)、営業利益8億8300万円(19.2%増)、経常利益10億5100万円(13.4%増)、親会社に帰属する当期利益7億1600万円(11.3%増)となった。

日本での売上高は172億1600万円(3.4%減)と減収となったが、営業利益は、売上総利益率が改善したことに加え、人件費や営業活動における費用の圧縮に努めたこと等で6億円(24.8%増)となった。

中国での売上高は36億7000万円(9.8%減)と前年同期を下回った。一方で営業利益は、人件費や事業活動における費用の圧縮に努めたことで、2億5100万円(14.9%増)となった。

その他では、米国子会社の清算開始及び新型コロナウイルス感染症の影響によるミャンマー子会社の収益低下といったマイナス要因はあったものの、台湾及びベトナム子会社で安定した収益が確保出来たことで、売上高は6億9300万円(25.1%増)となり、営業利益は営業活動における費用が嵩んだ結果、3100万円(23.4%減)となった。

通期は、売上高455億円(1.1%増)、営業利益17億6500万円(12.0%増)、経常利益20億4500万円(5.0%増)、親会社に帰属する当期利益14億2000万円(7.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集