鴻池運輸/11億円投じ、大阪港に鋼材・重量物の専用新倉庫開発

2020年10月13日 

鴻池運輸は10月13日、鋼材・重量物の沿岸荷役・保管・配送拠点となる輸出入専用の新倉庫を、大阪港の人工島・舞洲(まいしま)の 7193m2の敷地に開設すると発表した。

<新倉庫の外観(完成予想図)画像提供:東洋建設>
倉庫の外観(完成予想図)画像提供:東洋建設

この倉庫は、本年6月に着工後、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を考慮し一時中断していた工事を9月より再開、2021年8月に竣工予定。投資額は約11億円だ。

現在、大阪港近隣の鋼材・重量物を主に扱う同社倉庫の一部で満床状態が続いていることに加え、今後も長期的な経済成長が見込まれるアジア諸国向けの輸出業務や主に韓国からの鋼材輸入業務の増加も期待されることから、今回の倉庫新設に至ったもの。

稼働開始後は、KONOIKEグループで長年培った鋼材や製造機械など重量物の輸出入業務の経験・ノウハウを生かし、高品質な倉庫運営・物流サービスを提供していくとしている。

■ 新倉庫の概要(予定)
所在地:大阪市此花区北港白津1丁目12
面積 敷地面積:7193m2(隣接岸壁除く)、上屋面積:3942m2
岸壁面積:3600m2(北港白津岸壁に隣接)
機械設備:天井クレーン3基(30t, 20t, 15t)、クローラクレーン1基(200t)、フォークリフト6台(30t x 1、16t x 2、5t x 3)
アクセス:阪神高速道路 湾岸舞洲出口から車で5分
特長:「隣接岸壁は水深7.5m、広さ30m x 120mを有し、最大5000t船までの接岸が可能。外航船、内航船を問わず、船舶を利用した大量輸送にも対応可能」、「約4000m2の上屋、豊富な荷役機器などを所有し、鋼材などの重量物、長尺物や機械など多種多様な貨物についても取扱可能」

最新ニュース

物流用語集