Azoop/運送業向け業務支援システムのデータ入力を自動化

2020年10月15日 

Azoopは10月15日、運送会社向けクラウド業務支援システム 「トラッカーズマネージャー」で、同システムに必要なデータを自動入力するサービスの試験提供を10月から開始すると発表した。

<トラッカーズマネジャー>
トラッカーズマネジャー

新サービスは、「トラッカーズマネジャー」に必要な車検証や請求書などの情報入力を、デジタルデータ(PDF、Excelなどのファイルデータや画像など)をアップロードするか、専用FAX番号に情報を送信するだけで完結することができるというもの。これにより、導入時や新しいデータの追加、更新時に必要なデータ入力の負荷を限りなく低減することが可能になる。

本格提供に向けて、まずはAzoopが指定した数社で試験運用を開始する予定だ。

「トラッカーズマネージャー」は、ペーパーレスで車両を一元管理でき、分析レポートで1台あたりの収益を簡単に把握できるクラウドサービス。導入により車両管理等の業務の省力化が可能だが、付帯作業として行うデータ入力が現場作業の負荷になっていた。

これを受けて、Azoopは運送会社へのさらなる経営支援に向けて、「トラッカーズマネージャー」の管理業務を将来的にゼロにすることを検討。その第一歩として、データ自動入力サービスを提供するに至った。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集