日本郵船/グループ運航船がインドネシア沖で人命救助

2020年10月21日 

日本郵船は10月21日、グループのTata NYK Shipping Pte.Ltd.が運航するばら積み貨物船「SAGAR SHAKTI」が、10月18日(現地時間)に、インドネシア沖カリマンタン島東方沖で遭難した内航船の乗組員6名を救助したと発表した。

<救助の様子>
救助の様子

この船は中国・上海港からインドネシア・サマリンダ港に向けて航行中、インドネシア沖カリマンタン島東方沖でドラム缶につかまり遭難中の同国内航船乗組員を発見、海事救助調整センターに通報の上、直ちに救助活動を行った。

乗組員の健康状態に問題はなく、10月19日、本船はサマリンダ港でインドネシア沿岸警備隊に6名全員を引き渡した。

■SAGAR SHAKTI概要
船長:189.990 m
船籍:シンガポール
船種:ばら積み貨物船
総トン数:3万2305トン
船主:Tata NYK Shipping Pte.Ltd.
船舶管理:Fleet Ship Management Pte.Ltd.

最新ニュース

物流用語集