ヒアリ/名古屋港飛島ふ頭で確認、9月とは別地点

2020年10月21日 

環境省は10月20日、名古屋港でヒアリを確認したと発表した。

<確認された個体>
ヒアリ

<発見場所>
名古屋港

10月18日、飛島ふ頭内のコンテナヤードの舗装面で、ヒアリ70匹と土中への出入りを確認した。確認された個体は全て働きアリ。確認箇所周辺には殺虫餌を設置しており、今後も目視やトラップによる調査と薬剤による防除を続けていく。

なお、飛島ふ頭内のコンテナヤードでは9月にもヒアリが確認されているが、今回の発見場所は9月とは別地点のコンテナヤード。

2017年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は今回で16都道府県、計63事例目。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集