商船三井/ベトナム・ハイフォンで危険物取扱倉庫を開業

2020年11月04日 

商船三井は11月4日、現地資本との共同出資会社であるMVG Dinh Vu Co. Ltd. (MVG) を通じて、本年10月に化学品などの危険物を取り扱う為の現地消防基準法を順守した倉庫を開業し、同月30日に開業式を執り行ったと発表した。

<倉庫外観>

<開業式テープカット>
開業式テープカット

この倉庫は、ベトナム北部ハイフォン港に隣接するディンブー工業団地・石油化学エリア内に位置し、周辺には大水深港のラックフェン港、ハノイ=ハイフォン高速道路、カットビ国際空港などが揃う、交通至便な立地。延床面積5400m2の高床式で、危険物を保管できる倉庫としてはベトナム最大級の広さを誇る。

MVGは2014年の設立以来、コンテナデポ事業を中心にハイフォン市内2拠点でサービスを提供してきたが、そのうちの1拠点に危険物取扱倉庫を建設し、ベトナムで高まる化学品物流ニーズに応える。

商船三井は、経営計画「ローリングプラン 2020」の成長戦略の一つとして、ケミカル総合物流への注力を掲げている。今回のMVGによる危険物取扱倉庫開業は、今後も安定した成長が見込まれるベトナムでの、商船三井グループのロジスティクス事業基盤強化を目的として実施するもの。

■MVG概要
会社名:MVG Dinh Vu Co., Ltd.
所在地:Land Plot CN5.3 I at Dinh Vu Industrial Park, Dong Hai 2 Ward, Hai An District, Hai Phong City, Vietnam
設立:2014年

■倉庫概要
所在地:MVGと同様
機能:一般倉庫、危険物倉庫
主要設備:ドックレベラー16基、高床ホーム、監視カメラ、換気用ファン、消火設備(泡スプリンクラー)、ガス警報機
業務開始:2020年10月1日
延床面積:5400m2

最新ニュース

物流用語集