JILS/全日本物流改善事例大会2021の発表事例募集を開始

2020年11月06日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と日本物流資格士会(JLRS)は、「全日本物流改善事例大会2021」の発表事例募集を開始した。

本大会は、各社の物流現場改善の優秀事例を発表する場として、今回で35回目の開催を迎える。

2020年5月に開催を予定していた大会はコロナ禍の影響で中止となったが、来年は感染予防対策を徹底し、例年より会場聴講者数を制限したうえで開催する予定。開催の模様はオンラインでライブ中継を予定している。

応募事例は、有識者からなる実行委員会が審査し、選出された「優秀事例」が大会で発表される。また、優秀事例の中から「物流合理化賞」「物流合理化努力賞」を決定する。

■全日本物流改善事例大会2021 概要
開催日:2021年5月11日(火)12日(水)
会場:御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター
募集部門:物流業務部門(物流センター等での現場改善)
物流管理部門(運営・管理部門での改善)
事例応募締切日:2021年1月15日(金)必着

■応募要領・詳細
https://www1.logistics.or.jp/network/kaizen_application.html

■問合せ
日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所:青柳
TEL:03-3436-3191
mail:aoyagi@logistics.or.jp

最新ニュース

物流用語集