ヤマト運輸/長野県松本市で路線バスによる客貨混載開始

2020年11月06日 

ヤマト運輸は11月9日、長野県松本市安曇地域でアルピコ交通と路線バスによる客貨混載事業を開始する。

<客貨混載フロー図>
客貨混載

同事業では、アルピコ交通の新島々営業所発の路線バスにヤマト運輸が奈川、上高地、乗鞍、白骨地域へ配達する荷物を積み込み、乗客とともに「奈川渡ダム」バス停まで輸送。同バス停で待機しているヤマト運輸のSD(セールスドライバー)が荷物を受け取り、各地区へ配達する。

これにより、SDがその日の午後に配達する荷物を宅急便センターへ受け取りにいくため往復140kmの道のりを走行する手間が無くなり、空いた時間を地域滞在時間に充てることでサービス品質の向上が見込めるほか、CO2排出量の削減にもつながる。

アルピコ交通も、新たな収益源を得ることで過疎化路線の維持費を確保することができる。

なお、同事業は客貨混載として長野県初の物流総合効率化法による流通業務総合効率化計画の認定を受けている。

最新ニュース

物流用語集