岡山県貨物運送/4~9月の売上高11.6%減、営業利益67.5%減

2020年11月06日 

岡山県貨物運送が11月6日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高190億4000万円(前年同期比11.6%減)、営業利益3億2100万円(67.5%減)、経常利益4億2700万円(64.1%減)、親会社に帰属する四半期純利益2億7200万円(67.0%減)となった。

貨物運送関連セグメントでは、適正運賃収受の継続的な取り組みを行ったが、7月以降も新型コロナウイルス感染拡大の影響で運送需要が低調に推移し、貨物取扱量が前年同期比で減少したことなどから、売上高は183億2400万円(10.5%減)、営業利益は2億9100万円(67.8%減)となった。

通期は、売上高384億円(9.4%減)、営業利益7億円(51.6%減)、経常利益8億7000万円(50.1%減)、親会社に帰属する当期純利益5億9000万円(47.4%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集