SBSHD/1~9月の売上高0.5%増、営業利益9.8%増

2020年11月09日 

SBSホールディングスが11月9日に発表した2020年12月期第3四半期決算は、売上高1916億1900万円(前年同期比0.5%増)、営業利益85億6200万円(9.8%増)、経常利益84億4000万円(8.5%増)、親会社株主に帰属する四半期利益53億6300万円(13.5%増)となった。

物流事業の売上高は1777億6700万円(0.4%増)、営業利益39億9400万円(4.4%減)となった。

既存顧客との取引拡大に加え、高い物流機能を求める新規顧客の獲得に注力した。企業間物流や海外事業においては新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けたが、即日配送事業で市場拡大を続ける電子商取引(EC)需要の取り込みや、生活物流部門や食品流通などの分野における需要の拡大は業績の下支えとなった。

通期は、売上高2650億円(3.7%増)、営業利益112億円(10.1%増)、経常利益110億円(8.1%増)、親会社株主に帰属する当期利益65億円(6.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集