日通/タイ発日本向けBCP対応Truck & Sea輸送サービスを開始

2020年11月17日 

日本通運は11月17日、現地法人の南アジア・オセアニア日本通運が、トラック輸送と海上輸送を組み合わせたBCP対応用の輸送サービス「NEX OCEAN-SOLUTION XROSS BORDER Direct」を販売開始した。

<サービスイメージ図>
サービスイメージ図

サービス内容はタイからマレーシア・ポートケランまでのクロスボーダー・トラック輸送と、ポートケラン港から日本の主要港までの海上輸送を組み合わせたもの。バンコクから東京港までのリードタイムは最短で16日となる。

また、もう一つはタイからシンガポールまでのクロスボーダー・トラック輸送と、シンガポール港から日本の主要港までの海上輸送を組み合わせたもの。バンコクから東京港までのリードタイムは最短で14日だ。

料サービスの特長は発地から着地まで日本通運グループによる高品質な一貫輸送を提供。日通が House Waybill を発行し、発地から着地まで一貫して輸送責任を明確化することで顧客に安心のサービスを提供する。海上輸送の代替として、トラック輸送と海上輸送を組み合わせた複合輸送サービスとなる。

現在、東南アジア発海上貨物は、本船のスペース不足やコンテナ不足の状況が続いており、輸送遅延や貨物の受託ができないなどの影響が発生している。

そこで日通では特に影響が顕著なタイ発貨物において、日本および他国への輸送ルートを確保するため、クロスボーダー・トラックを利用してポートケラン港やシンガポール港へ分散する輸送サービスを開発したもの。

最新ニュース

物流用語集