日新/日中欧Sea & Rail一貫輸送サービス新ルートトライアル

2020年11月27日 

日新は11月27日、シノトランスジャパンとの合同による日本発武漢経由欧州ドイツ向けのトライアル輸送を実施する運びになったと発表した。

<トライアル輸送で使用する40フィートコンテナ>
20201127nisshin1 520x387 - 日新/日中欧Sea & Rail一貫輸送サービス新ルートトライアル

<祝開通 武漢経由 NEW日中欧 シー&レールサービスの文字>
20201127nisshin2 520x403 - 日新/日中欧Sea & Rail一貫輸送サービス新ルートトライアル

これは、武漢市政府が海外から武漢市を経由し、中欧班列(定期貨物列車)を利用した欧州向け輸送サービスルートの構築を進めたい意向であることが判明したことから、日新と共に日中欧 Sea & Rail 複合輸送の商品開発を進めているシノトランスジャパンと合同で進めることになったもの。

また、武漢発の中欧班列便を利用することにより、豊富な向け地・便数によるスケジュールの安定性が見込まれ、すでに商品化している厦門経由ルートとともに、多様化する顧客ニーズにも柔軟な対応が可能となり、利便性が更に向上する。

このトライアル輸送では40フィートコンテナ1本を名古屋港11月27日出港予定の本船で中国武漢港まで海上輸送したのち、武漢発ドイツ、デュイスブルグ行きの中欧班列に搭載し、12月23日にデュイスブルグ到着、合計輸送日数26日間を計画している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集