+A/ピッキングアシストロボットを京葉流通倉庫に導入

2020年11月30日 

プラスオートメーション(+A)は11月30日、ロボティクスプラットフォームを提供する Rapyuta Roboticsと共同で、京葉流通倉庫が運営する岩槻の物流倉庫に Rapyuta Robotics 製の協働型ピッキングアシスタントロボット「PA-AMR」を導入し実稼働を開始したと発表した。

<50L オリコン2個を同時に積載可能。右の写真のように、ピッキング時に下段オリコンに商品を入れ易くした>
20201130plusa 520x358 - +A/ピッキングアシストロボットを京葉流通倉庫に導入

+A と Rapyuta Robotics は、2020年5月にPA-AMRのロボティクスサービス「RaaS」を日本で初めて商用化して以降、共同でサービスを展開してきた。今回は、本邦初となるスーパーマーケット、ホームセンター等の量販店向けの日用雑貨品のピッキング仕分け現場に PA-AMRを導入した。

日用雑貨品は商品サイズや重量の個体差が大きく、PA-AMRを活用したピッキングにおける商品取り扱いに関して、従来とは異なるアプローチが必要だった。

そこで、従来よりも大きい50L折り畳みコンテナ(オリコン)2個を同時に搭載出来る様、従来ロボットをカスタマイズし、かつ商品サイズ・商品重量・ロボット走行距離を考慮して出荷オーダーを分割し組み合わせた上で個別の PA-AMR に割り当てることで、シングルオーダーピッキング、マルチオーダーピッキングを効率的に運用し、かつ配送車両への積載効率も高めることを可能とした。

京葉流通倉庫の飯塚 雄一執行役員は「以前、同じ倉庫で GTP(Goods to Person)型 AGV ロボットの導入を検討したことがあったが、大規模工事が必要なため稼働中の物流倉庫への導入は難しく、最終的には投資回収の目途が立たず計画を断念した。この度導入した Rapyuta Robotics の PA-AMR は、充分投資回収が可能で稼働中の物流倉庫であっても電源とネットワークの必要最低限の工事だけで現場を止めずに短期間で導入することが出来た」。

また、「導入に向けた仕様検討の際には、50Lオリコン対応や開始位置・終了位置の Variable 対応、使用するジェイ・サポートのWMS「ScanBrain」とのSCMラベル発行連携等、弊社のリクエストに柔軟に対応してもらい、現場の運用に耐えうる仕様になったのではないかと思っている。これからも継続的なチューニングを施してもらい当初の目標を超える生産性の達成に期待している」とコメント。

なお、+Aでは、RaaSの機動力と柔軟性を生かし、今後は繁忙期の一時的な PA-AMR台数増加サービス展開等、ロボットを複数顧客間で融通しながら活用していくリアルなロジスティクスシェアリングプラットフォームを構築していき、物流業界全体の高度化と最適化を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集