センコー/UACJ物流を子会社化、重量物輸送事業の拡大図る

2020年12月01日 

センコーは12月1日、世界トップクラスのアルミニウム総合メーカーである「UACJ」のグループ会社で、重量物の輸送事業などを行っている「UACJ物流」の66.7%の株式を取得し、今年12月に子会社にする予定だと発表した。

すでに、8月28日付けでセンコーとUACJの間で株式譲渡契約を締結している。

センコーは、UACJ物流を子会社化することで、重量物輸送を得意とするセンコーエーラインアマノと連携し、さらなる事業拡大や生産性の向上、センコーグループの輸送力の確保と増強、UACJグループとの取引拡大などが図れる。UACJ物流は、センコーが持つ多くのリソースとノウハウを活用しながら、さらなる事業の発展を図っていく。

UACJ物流は、国内に8か所の営業拠点を有し、アルミニウム関連、伸銅品など幅広く輸送している。小型から大型、トラクターヘッドまで多種多様な車両を約100台保有するとともに、本社に整備工場を併設して自社車両の安全運行体制を支えている。

■概要
名称:UACJ物流
本社所在地:愛知県名古屋市港区千年3-1-12
資本金:2億円
設立:1994年9月21日
事業内容:運輸業、資材販売、整備業、倉庫業
事業所数:8か所
従業員数:259名(2020年3月31日時点)

最新ニュース

物流用語集