霞ヶ関キャピタル/物流施設事業へ参入、初弾は低温倉庫など3棟

2020年12月01日 

霞ヶ関キャピタルは12月1日、物流施設開発に参入し、千葉県船橋市と同県湾岸地区、埼玉県内の3か所で、それぞれ冷凍冷蔵倉庫や常温倉庫を建設すると発表した。

<千葉県船橋市の湾岸部に建設する冷凍冷蔵倉庫のイメージ図>
20201201kasumigaseki 520x368 - 霞ヶ関キャピタル/物流施設事業へ参入、初弾は低温倉庫など3棟

<物流施設ブランドロゴ>
20201201kasumigaseki1 520x170 - 霞ヶ関キャピタル/物流施設事業へ参入、初弾は低温倉庫など3棟

霞ヶ関キャピタルは6月に物流事業部を立ち上げており、今回、開発する物流施設ブランドの名称を「LOGI FLAG(ロジ フラッグ)」に決定。今後の主力事業として展開していく方針を示した。

第1弾となる3物件は、千葉県船橋市の施設が延床面積7000m2の冷凍冷蔵倉庫、同県湾岸部の施設が8250m2の冷凍冷蔵倉庫、埼玉県内の施設が1万3200m2の常温倉庫で、いずれもBTS型(特定企業向け)を想定。今回、千葉県船橋市の湾岸地域で建設地を取得したほか、残りの2物件についても順次用地を取得し、開発に着手していくとしている。3物件とも具体的な建設スケジュールは未定だが、2年以内をめどに開発する見通し。

霞ヶ関キャピタルでは、物流施設事業参入の理由としてEC市場の拡大による物流施設需要の高まりと、2030年のフロンガス規制に対応した冷凍冷蔵倉庫の需要拡大を挙げており、「環境に配慮したコールドチェーン物流施設」「EC物流における大型物流倉庫と地域配送拠点を結ぶラスト1.5マイルの物流拠点」「開発ノウハウを生かした市街化調整区域での施設開発」の3つをコンセプトとし、同事業に取り組んでいく方針。

すでに第2弾以降の開発物件についてもパイプラインを構築しており、数千坪程度の中規模型施設を中心に今後も首都圏など国内の適地で冷凍冷蔵倉庫や常温倉庫を開発するとともに、戦略的コンサルティング型デベロッパーとして、テナント企業のニーズや想いに寄り添った物流施設の開発を行っていくとしている。

■「LOGI FLAG」シリーズの概要
「千葉県船橋市」(開発中)
カテゴリ:冷凍冷蔵倉庫
敷地:3630m2
建物面積:6930m2
建物構造:4階建て

「千葉湾岸地区」(開発予定)
カテゴリ:冷凍冷蔵倉庫
敷地:4950m2
建物面積:8250m2
建物構造:4階建て

「埼玉内陸地区」
カテゴリ:ドライ倉庫
敷地:8910m2
建物面積:1万3200m2
建物構造:4階建て

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集