アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

2020年12月03日 

アマゾンとライフコーポレーションは12月3日、ライフの店舗で取り扱う生鮮食品や惣菜をアマゾンが届けるサービスが、神奈川県の川崎市2区、横浜市4区でも利用可能になったと発表した。

<アマゾンのライフストア>
20201203amazon1 520x335 - アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

<出荷の様子>
20201203mazon2 520x347 - アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

<積み込みの様子>
20201203amazon3 520x347 - アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

<配送車両>
20201203amazon4 520x347 - アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

<お届けの様子>
20201203amazon5 520x347 - アマゾン/12月3日からライフの生鮮食品の配送を神奈川県で開始

このサービスは、生鮮食品や惣菜を注文から最短2時間で届けるもので、サービス対象エリアのAmazonプライム会員の顧客に提供しており、配送エリアを順次拡大している。

顧客からの要望に応え、今年4月から配送エリアを順次拡大。12月3日からは、神奈川県の川崎市2区(川崎区、幸区)と横浜市4区 (神奈川区、港北区、鶴見区、西区)が新たに配送エリアに加わった。

これにより、東京23区・4市、神奈川県2市、大阪府大阪市21区・3市のプライム会員の顧客が、Amazon.co.jp(Webサイト、Amazonショッピングアプリ)からライフのストア(www.amazon.co.jp/life)の商品を注文できるようになった。

両社は今後も配送エリアを順次拡大していくとともに、サービスの利便性の向上に努めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集