近鉄エクスプレス/中国法人の上海支店輸入監管倉庫を移転・拡張

2020年12月03日 

近鉄エクスプレスは12月3日、現地法人 Kintetsu World Express(China) Co., Ltd.(KWE 中国)は、上海の輸入監管倉庫(保税専用倉庫)を移転し、8月5日に税関より認証を取得して正式に業務を開始したと発表した。

<KBX トラック搬入口>
20201203kwe1 - 近鉄エクスプレス/中国法人の上海支店輸入監管倉庫を移転・拡張

<ULD Workstations 倉庫内観>
20201203kwe2 - 近鉄エクスプレス/中国法人の上海支店輸入監管倉庫を移転・拡張

新監管倉庫は、上海浦東空港から3km圏内の第一監管区の一角に位置している。倉庫の外観がコーポレートカラーのブルーであることからKWE Blue Box と名付け、KBXの通称で親しまれている。

上海浦東国際空港に到着した貨物は、危険品や保冷品等の特殊貨物を除き、航空会社の上屋から監管区内にあるフォワーダーの監管倉庫へ転送後、輸入通関が開始される。このため、倉庫に備えられている機能やフォワーダーの業務品質は、上海での航空輸入サービスにおいて重要なポイントとなる。

今回の移転により倉庫面積は旧倉庫と比較し約 1.7 倍に拡大、小口貨物用の移動式ラック導入やラックエリアを拡張するなど、業務品質を維持しながらこれまでよりもさらに多くの貨物の荷扱いが可能となった。

また、倉庫内には ULD ワークステーションを設置し、日系フォワーダーで初めてとなる掘り込み式の ULD 取卸し昇降機を導入。これにより高所での ULD 解体作業が不要となり、安全性の高い作業を行うことで貨物のダメージ発生を防ぐことができる。

新航空輸入監管倉庫は、24時間365日の業務体制で滞りなく、安全に、各発地国から到着する顧客の貨物を取扱う。今後より一層サービスの品質と顧客満足度を向上させ、ビジネスの拡大に取り組んでいくとしている。

■新倉庫概要
名称:近鉄国際物流(中国) 上海分公司 浦東空港輸入監管倉庫
   KWE Blue Box (KBX) – Air Import Warehouse –
住所:No. 529, Hai Tian No.1 Road, Customs Bonded Region,Pudong
International Airport, Shanghai, China 201202
業務内容:保管、航空輸入荷役、流通加工
倉庫面積:9615m2
業務開始:2020年8月5日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集