日立、日立物流、日立キャピタル/AIで安全運行管理をサポート

2020年12月03日 

日立製作所(日立)、日立物流、日立キャピタルは12月3日、日立物流が自社内で導入している、ドライバーの生体・運転データをAIで分析することで、安全運行管理をトータルサポートする「SSCV-Safety(安全運行管理)」(「SSCV-Safety」)の外販に向けて協業を開始したと発表した。

<サービスの概念図>
サービスの概念図

2021年4月以降に物流業や製造業、卸売業、小売業、バス、タクシーなど幅広い業界における輸送業務向けの SaaS 型新サービス「SSCV-Safety on Hitachi Digital Solution for Logistics」として提供を開始する。

このサービスは、日立物流グループの事業用自社車両に既に搭載している「SSCV-Safety」を、日立の物流分野向け Lumada ソリューション「Hitachi Digital Solution for Logistics」と組み合わせてサービス化するもの。

<サービスの概要図>
サービスの概要図

サービスの概要は運行前には「出発前点呼サービス」、運行中には「注意喚起サービス」「有事情報通知サービス」「運行中データ可視化サービス」、運行後には「帰着後点呼サービス」を行う。

日立では、テレマティクスサービスのさらなる強化に向けて、より多くの運転データを収集できるドライブレコーダーを新規開発しており、このサービスに適用する予定だ。また、日立キャピタルは、サービス提供に要するデバイスの調達から設置、保守、入替までの管理と、金流に関わるサービス料金の収受を担う。

日立、日立物流、日立キャピタルの3社は、このサービスを、顧客のニーズに応じて、システムとファイナンスを組み合わせて提供していく。そして、サービスの導入・普及を通じて、ニューノーマル時代において需要が拡大している輸送業務における運行管理とドライバーの安全性向上、働き方改革に貢献するとしている。

最新ニュース

物流用語集