JAL/成田・羽田のグランドハンドリング地上業務で認証取得

2020年12月17日 

JAL(日本航空)は12月16日、グループの国内主要空港のグランドハンドリング業務(主に手荷物・貨物搭降載作業など)を担うJALグランドサービス(JGS)が国際航空運送協会(IATA)の地上作業安全監査「ISAGO(IATA Safety Audit for Ground Operation)」の認証を成田空港、羽田空港で初めて取得したと発表した。

<手荷物・貨物搭降載作業の様子>
20201217jal 520x347 - JAL/成田・羽田のグランドハンドリング地上業務で認証取得

これにより、複数のオペレーションの標準化や作業方法の統一化による作業時の安全確保に加えて、インシデントやイレギュラーの低減を図り、より安全・安心で、より時間に正確な運航を顧客へ届ける。また、2030年の訪日外国人旅行者数6000万人という国の大きな目標への貢献と2021年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け万全の準備を図るとしている。

なお、ISAGOとは、2008年に設立されたIATAの監査プログラム。現在、ISAGO承認を受けているグランドハンドリング会社は世界で229社あり、全世界の207空港がISAGOへ登録されている(2020年12月15日現在)。なお、成田空港、羽田空港では、JGSが監査受検・承認を取得した唯一のグランドハンドリング会社となっている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集