プロロジス/2021年の首都圏・近畿圏物流不動産市場を解説

2021年01月05日 

プロロジスは1月15日、プロロジスウェビナー第三弾「2021賃貸型物流市場はどう変わる?@大阪」を開催する。

同ウェビナーでは、ロジスティクス分野におけるリサーチ&コンサルティングサービスの提供などを手がける日本ロジスティクスフィールド総合研究所の辻 俊昭社長を迎え、首都圏・近畿圏の物流不動産マーケットの動向と今後の見通しについて語ってもらう。

また、プロロジスが2021年に兵庫県猪名川町で竣工予定の最新開発物件を紹介する。

■開催概要
日時:1月15日(金) 14:00~15:00
場所:オンライン(Zoomを使用)
参加費:無料
対象:荷主企業、物流会社限定

■詳細・申込
https://us.msgs.jp/c2/bJVuL?t1=b2Nj&t2=2R7RFiZ2Amq&t3=JYoG6
※1月13日(水)17時締め切り

■プログラム
「物流不動産マーケットがひっ迫している背景と今後の見通し」
登壇者:日本ロジスティクスフィールド総合研究所 代表取締役社長 辻 俊昭 氏

「西日本物流網改革!プロロジスパーク猪名川・茨木」
登壇者:プロロジス 営業部 ディレクター 永谷 裕児

■問い合わせ
プロロジス(担当:内山、岡田)
pldnews@prologis.co.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集