ASPINA/把持力10倍の電動3爪ロボットハンド新製品発表

2021年01月07日 

ASPINA(シナノケンシのコーポレートブランド)は1月7日、把持力を既存モデルの約10倍に強めた50Nモデルの電動3爪ロボットハンドARH350Aを発表した。

<電動3爪ロボットハンドARH350A>
電動3爪ロボットハンドARH350A

<ワーク別バリエーション例>
ワーク別バリエーション例

このモデルは、おもに金属加工や精密部品組立、食品・化粧品・医薬品や物流分野などで、ひとつのハンドでさまざまなものをつかむ・把持することを目指したもの。

ASPINA電動3爪ロボットハンドは、協働ロボットとの親和性が高く、人の手に代わる自動化のために必要な、異形物を柔軟に把持できる機能を実装している。「いろんなものに、ちょうどいい」把持機能を引き続き活かしながら、対応できる重量の面で、把持力50N、最大つかみ把持重量3000g、最大つまみ把持重量500gを実現した。

ステッピングモータを用いたサーボシステムを持つため、柔・硬に合わせて把持力が調整可能なだけでなく、動作速度や開閉位置等も制御可能。さらに、大きなストローク(最大開口径)を活かして、把持する対象物の形質やサイズに合わせて、最適の動作パターンを選ぶことができる。また、コンパクトな外径のため、ロボット動作の自由度を広げる。

ロボットハンドの中央部が中空構造となっているため、カメラによってワークを常に視界にとらえる、ライトによる外部ビジョンシステムのサポート、エアーによる把持力向上や簡易エアブローの役割など、ユーザーへの提案に多くの可能性を持っている。

モータ・コントローラの一体化によって小型化するだけでなく、3爪を交換できる構造になっている。爪は顧客が専用の用途にあったものを準備するケースが多いが、さまざまなシチュエーションでの使用を検討してもらうため、爪の交換が容易になっている。

■ARH350Aの概要
最大開口径(標準爪):φ143㎜
把持力:50N
最大つかみ把持重量:3000g
最大つまみ把持重量:500g
開閉速度(最大ストローク時):0.8~10sec
最大フィンガ長:100㎜
サイズ:φ60×155㎜
重量:640g

関連記事

最新ニュース

物流用語集