シャープ/食品・医薬品の温湿度管理対応ソリューション提供

2021年01月08日 

シャープは1月8日、100%子会社のAIoTクラウドが、テレマティクスサービス「LINC Biz mobility」による新たな支援として、食品や医薬品の輸送・流通に携わる事業者などに向け、位置情報とともに温湿度の測定・管理が可能なソリューションの提供を開始した。

<ソリューションのイメージ>
ソリューションのイメージ

食品衛生法の改正に基づき、 全ての食品等事業者は2021年6月までに「HACCP」に沿って運搬も含めた全工程での衛生管理体制(計画策定と記録保存を行い、工程の「最適化」「見える化」)を整備することが義務付けられる。また、医薬品においても、適正流通(GDP)ガイドラインが公布されるなど、 輸送中における温湿度管理の重要性はますます高まっている。

こうした動きを受け、AIoTクラウドは位置情報をはじめとしたさまざまなデータの測定が可能なテレマティクスサービス「LINC Biz mobility」と温湿度センサーを連携させることで、温湿度センサーが取得したデータをクラウドへ送信するだけでなく、それらのデータを見える化し記録・保管、異常の検出・レポート作成などの機能を一括して提供する。簡単に設置できるので、車両だけでなく荷物単位での管理も可能だ。

主な特長には、「既存の車両にも手軽に温湿度管理ソリューションの導入が可能」「温湿度の異常検出・レポート作成機能により、事業者のHACCP/GDP対応を支援」「保冷車だけでなく、保冷ボックスや配送用カート(カゴ車)の温湿度管理にも対応」がある。

なお、AIoTクラウドは旭化成と協業し、このソリューションを活用した保冷ボックス輸送中の温湿度データ取得と鮮度算出に関する本格的なサービス展開に向け、さまざまな検証を進めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集