大和ハウス/沖縄県最大のマルチテナント型物流施設2棟開発

2021年01月12日 

大和ハウス工業は1月12日、沖縄県豊見城市において沖縄県最大のマルチテナント型物流施設「DPL沖縄豊見城」ならびに「DPL沖縄豊見城Ⅱ」を開発すると発表した。

<「DPL沖縄豊見城」「DPL沖縄豊見城Ⅱ」(イメージ図) >
20210112daiwahouse1 520x333 - 大和ハウス/沖縄県最大のマルチテナント型物流施設2棟開発

<位置図>
20210112daiwahouse2 - 大和ハウス/沖縄県最大のマルチテナント型物流施設2棟開発

「DPL沖縄豊見城」は 2021年2月1日に、「DPL沖縄豊見城Ⅱ」は4月1日に着工する。

「DPL沖縄豊見城」ならびに「DPL沖縄豊見城Ⅱ」は沖縄コンベンションセンター約6個分に当たる延床面積約12.3万m2(DPL沖縄豊見城:約4万m2、DPL沖縄豊見城Ⅱ:8.3万m2)となる。貸床面積7000m2から入居可能で最大13社(DPL沖縄豊見城:4社、DPL沖縄豊見城Ⅱ:9 社)のテナント企業に対応できる。

また、2棟とも、冷凍・冷蔵・定温(15~20度)・常温の4温度帯に対応できる物流施設とする。これにより、低温加工食品のコールドチェーンで求められる品質・衛生管理が可能になる。

さらに、立地的にもグローバルサプライチェーンにも適した、交通アクセスに優れた好立地にある。日本を含むアジア主要都市をカバーする利便性の高い沖縄県に位置しており、24時間の通関や深夜の離発着が可能な沖縄那覇空港から約5km、浦添ふ頭から11km と空運・海運からのアクセスに優れている。また、居住者が増加傾向にある沖縄県豊見城市での開発であり、労働力確保にも適している。

なお、「DPL沖縄豊見城Ⅱ」では、テナント企業の従業員が仕事と子育てを両立できるよう、保育所を施設内に完備。テナント企業の職場環境の整備に取り組む。

■「DPL沖縄豊見城」建物概要
名称:「DPL沖縄豊見城」
所在地:沖縄県豊見城市字与根西原 50 番 110
アクセス:那覇空港へ10分、浦添ふ頭へ20分
敷地面積:2万9762.76m2
延床面積:3万9970.60m2
構造・規模:鉄骨造2階建て
設計監理:浅井謙建築研究所・MPデベロップメント設計共同企業体
施工会社:大林組
着工日:2021年2月1日(予定)
竣工日:2022年3月14日(予定)
駐車台数:乗用車197台、トラック119台
総事業費:約72億円

■「DPL沖縄豊見城Ⅱ」建物概要
名称:「DPL 沖縄豊見城Ⅱ」
所在地:沖縄県豊見城市字与根西原50番114
アクセス:那覇空港へ10分、浦添ふ頭へ20分
敷地面積:5万3273.43m2
延床面積:8万3201.64m2
構造・規模:鉄骨鉄筋コンクリート造ならびに鉄骨造 3 階建て
設計監理:浅井謙建築研究所・MP デベロップメント設計共同企業体
施工会社:未定
着工日:2021年4月1日(予定)
竣工日:2022年 8月31日(予定)
駐車台数:乗用車293台、トラック155台
総事業費:約147億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集